武庫川流域圏ネットワーク

<目的と具体活動例、参加方式など>

目的:ーーー流域連携のもと流域市民の思いを活かした魅力的な川づくりと地域づくりに貢献するーーー

  

  武庫川の新しい川づくりを契機として魅力的な地域やまちづくりを進めるために、流域市民の立場から「流域連携による武庫川づくり」と「地域やまちづくり」に取り組む。

武庫川流域圏に関する各種情報の共有と発信を行い、身近で、親しめ、誇りある魅力的な武庫川づくりを目指す。また武庫川づくりと一体となった、安全で安心できる地域やまちづくりを目指す。

 

具体活動の例:

 武庫川づくりやまちづくりに取り組んでいる多様な主体が柔らかく連携する。

 多様な主体が取り組んでいる活動や成果を流域市民に知ってもらう。そのための活動情報の共有化や発信を行う。

 武庫川づくりや地域・まちづくりへの関心を高めるための広報、呼びかけ、講演会、ワークショップ、イベント等の実施。

 多様な主体による活動実績紹介を兼ねたフォーラムの開催など。

 参加方式:団体会員、個人会員、賛助会員とし柔軟な組織をめざします。

 

■武庫川流域圏ネットワーク    代表 山本義和

(事務局)事務局長 白神 理平 

     

<本会の所在地>(2016年6月現在)

665-0061 宝塚市仁川北3丁目714号ペガサスビル502

武庫川流域圏ネットワーク

  (MAILmukogawaken.net@gmail.com 

  (HPmuko.jimdo.com